インテリアを工夫して居心地の良い空間をつくりましょう!

2016年08月05日

一人暮らしのインテリアのポイントとは?

一人暮らしをしていると、おしゃれにインテリアを置いて
部屋をコーディネートをするのは、難しいと感じているのではないでしょうか。

多くの一人暮らしをしている人は、ワンルームや1Kのような部屋で、
「夜仕事から帰って寝るだけだから」と、
あまりインテリアにこだわらないのかもしれませんね。


とはいえ、自分だけの部屋なのですから、
快適に過ごし充実した毎日を送るために、工夫してみましょう。

自分の好みにあったインテリアはストレスを軽減し
仕事やプライベートの面でも良い影響を与えてくれるようですよ。



では、一人暮らしの狭いスペースをどのように工夫すればよいのか考えてみましょう。

まず一人暮らしの家具で
部屋を占めるのはベッドではないでしょうか。

中には「布団派」と言う人もいるかもしれませんが、
ワンルームなどはフローリングが多いので、たぶんベッドですよね。

ベッドを決めて、
そのカラーや色合いにあわせて他の家具を選ぶと 失敗がありません。


また、ベッドを決める時は部屋の壁の色なども考えて選びましょう。
自分で壁紙を貼ったりできる部屋はいいのですが、
賃貸の場合、釘一本でも 打つのは考えものですね。

一人暮らしに人気が高いのはソファベッド。
自分の好みに応じてサイズやデザインを選ぶことができます。
クッションなどを置いて、おしゃれにコーディネートしましょう。


次にキッチン周りですが、
ワンルームや1Kの場合はキッチン周りも狭いですよね。
ほとんど自炊をしないという人はあまり気にならないかもしれませんが、
狭いキッチンは収納場所が少なかったり
調理がしにくかったりと使いにくいものです。

とはいえ、狭いキッチンも工夫次第です。

シンクの上を工夫したり、
キッチンワゴンを利用したりするといいですね。
最近は壁を傷つけず棚やフックもありますから、いろいろとグッズを探して
みるのも楽しいものです。


キッチンに限らず、一人暮らしの部屋は収納スペースが少ないことが難点です。
その場合、チェストを置いたり本棚を置いたりするといいのですが、
ますます部屋が狭くなることもあります。

収納家具を置くスペースがない場合は、
ベッドの下などを活用するのもひとつの方法です。

最近では、ベッドに収納スペースを確保している商品も販売されていますから
チェックしてみるといいと思います。

狭い部屋だからと考えずに
快適に過ごせるように、
楽しみながらインテリアをいろいろと工夫してみましょう。





posted by インテリア大好き! at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。